私がお勧めする株主優待の情報を、権利が確定する1~2カ月前にお知らせするブログです。株主優待を使って節約しましょう。
プロフィール

サンゴ

Author:サンゴ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
フリーエリア
長期投資におすすめの本です

バフェットからの手紙 [ ウォーレン・バフェット ]

価格:1,680円
(2012/12/24 15:26時点)
感想(13件)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
株主優待はよいことばかりではありません。
ここではデメリットを紹介します。

顕著なデメリットとして上げられるのが株主優待の権利落ちによる株価の下落です。
株主優待の権利を取った株主が、その株を売りに出そうと考えるためです。

空売りとの組み合わせで影響を小さくすることはできますが、空売りするにしても手数料も馬鹿にならないですし、長期投資の中で自然に株主優待を取っていくのがいいのではないかというのが私個人の意見です。
だから私は銘柄を紹介するときに長期投資するときの安心度をお知らせしているのです。

ただ、できることなら権利落ち日の株価下落をちいさくしたいところです。

配当落ちが大きくなるのは比較的、時価総額が小さな会社だと思っています。
例えば時価総額が大きいイオンは優待(と配当)の価値に比べて権利落ち日の株価の下落は小さいですが、
時価総額が小さいマックスバリュの権利落ち日の株価下落は結構大きくなります。

それは会社の規模に対して、株主優待目的の人の割合がマックスバリュの場合大きいからです。
イオンの時価総額は約8000億円、マックスバリュの中で1番大きいマックスバリュ西日本でも時価総額は300億円台です。
できれば時価総額が大きく、割安な株による優待を取るようにして権利落ちによる株価の下落を最小限にしたいものです。

株主優待のリスクに関しては次回に続きます。


節約・貯蓄 ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いします。
スポンサーサイト
2013/01/07 20:27 初心者用 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gennsenkabunusiyuuta.blog.fc2.com/tb.php/33-b79a2767
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。